レビトラが高い?そんな時にはバリフっていうのが絶対にオススメ

レビトラの効果と副作用

レビトラとは今や最も有名なED治療薬の一つです。
この薬は吸収率が良く、即効性にも優れ、食事の影響を受けづらいといった点があり、医師から処方されるED系の薬で一番多く、人気の薬になります。なんといっても作用時間が長いのも魅力の1つです。
有効成分『バルデナフィル』が勃起を阻害する酵素を阻害し、ペニスの血流を良くすることで勃起を促します。

しかしレビトラはバイアグラ、シアリスといった薬と同様に、先発薬のためとても値が張る薬です。
日本では保険の適用がされないため、1錠あたり約2千円ほどとなっています。

しかし、レビトラと同様の有効成分で出来ており、同様の効果を得られる薬があります。
それがバリフというレビトラのジェネリックです。

バリフは海外のジェネリックとなるため、日本では入手する手段がありませんが、個人輸入代行業者をつかえば簡単に手に入れることが出来ます。
更になんと個人輸入した際のバリフは1錠あたり約160円ととても安価です。
そしてレビトラと同様にバルデナフィルを主成分とし、食事の影響を受けづらいという点も同じです。

通常、例えばバイアグラやシアリスなどのED治療薬は食事の後の服用だと効果がかなり弱くなる事がありますが、バリフ(レビトラ)であれば食事の後やアルコールを摂取した後でもかなりの効果を期待することが出来るでしょう。

しかしながらこのように良いことだらけのようなお薬でも、やはり副作用はあります。
めまい、頭痛、鼻づまり、吐き気などの報告があります。
また、ジェネリックだから全く同じ効果とはいえども、効果の出方はやはり個人差があります。
その人の体調や体質、心因的要素にもよって変わってきますので、自分に最適なED治療薬は色々な有効成分のお薬を試してみた方が良いでしょう。

更に服用は1日1回、24時間空けなくてはいけません。
正しく服用しないと体調を崩してしまいますので、気を付けましょう。